ネット申込なら事前に在籍確認をして審査結果がわかるので時間が短縮できる。

平日22時まで受け付けを行っており、日常の金銭的にピンチな局面をいつも救ってくれるプロミスの自動契約機。今すぐにお金が欲しい、お金が必要で心底困っているという方に対しても、最短30分という驚異的な審査の早さでニーズに応えてくれます。しかし、もちろん自動契約機はどんな方にでもお金を貸してくれる万能の機械ではありません。使い方、気をつけるべきポイントを見落としていると契約できずに困ってしまうことも多々あります。今回は、プロミスの自動契約機を使う際に気をつけるべきポイントを4つ挙げ、契約の際に参考にしていただきたいと思います。

お金を借りる際には、誰もが出来ればその日のうちに融資してもらいたいと思うはずです。プロミスはスピーディな審査でそのニーズに応えてくれます。

しかし、前述した「最短30分」での審査完了は、インターネットから事前申し込みを行っている場合に限ります。インターネットから事前に申し込みを行って、自動契約機または店頭で契約手続きを行った際に、初めて「最短30分」が実現するのです。インターネットでの事前申し込みがなかった場合には審査に時間がかかってしまうので、すぐにお金が欲しい方は是非インターネットからの事前申し込みを活用しましょう。

また、即日融資を希望される方はあまり遅い時間に申し込みをすると即日融資が不可能になってしまうことがあることも覚えておきたいですね。プロミスの自動契約機は22時までの受付となっていますが、あまり遅い時間に申し込みをしても在籍確認などを行うことが出来ずにその日のうちに契約が出来ないことがあります。そのような事態を避けるためにも、手続きはなるべく早い時間に済ませた方が良いでしょう。プロミスの自動契約機は土日祝日も22時まで受け付けを行っているので、時間がどうしても取れない方は土日祝日に受付を行っても良いですね。

アイフルも自動審査で営業時間であればその場所で発券できる!増額の対応もOK!

プロミスが宣伝する「30日間無利息サービス」借り入れから30日間は利息が付かず、元金のみの返済でOKという大変うれしいシステムですね。

ですが、このサービスはプロミスを初めて利用するという方のみのものなので、昔プロミスからお金を借りていた方が新たに契約を行ってもこのサービスを受けることは出来ません。魅力的なサービスですが、それだけに制約があることも忘れないでおきましょう。

元金にかかる金利以外に、意外とネックになるのが返済時の手数料です。プロミスでは、コンビニや提携していない銀行のATMから返済を行った場合には手数料がかかってしまいます。自社ATMや提携銀行ATMからの返済、更にインターネットからの振り込みによる返済では手数料がかからないので、余計なコストをかけないようにするため、ぜひこのようなツールで返済を行いたいところですね。