イオンカードと合わせて持ちたいパートタイマーでも借りられるキャッシング。

プロミスは正社員でなく、パートやアルバイトなど、いわゆる非正規雇用の方に対してもかなり寛容に審査を通過させ、積極的に融資を行っています。パートやアルバイトの場合は年収が低くなるため、必然的に限度額は低くなってしまいますが、それでも本当にお金に困ってしまった場合に10万円程度を借りられるのはありがたい限りですね。しかし、パートやアルバイトで毎月安定収入がある方でも、審査に落ちてしまうことはあります。実は、プロミスの審査に通るためには安定した収入があるだけではダメなのです。

プロミスをはじめ、大手消費者金融会社には共通の審査項目として「総量規制」を超えていないか否か、というものがあります。「総量規制」とは、年収の3分の1以上の借金をしてはいけないという法律上の取り決めであり、これに違反してお金を貸してしまうと、最悪の場合貸した側が罰せられてしまうこともあるので、この規制は厳格に守られています。

ですので、パートやアルバイトで安定した収入があったとしても、これまで借りたお金の合計が総量規制を超えている、または今回新たにお金を借りると総量規制を超えてしまう場合は、新たな借り入れを行うことが出来なくなっているのです。

また、仮に総量規制を超えていなかったとしても、少額を多くの会社から借りている方は審査に落ちる可能性が高くなってしまいます。目安として、4社目以降の新規借り入れは、どんなに他の条件が良かったとしてもかなり厳しいということを頭に入れておきましょう。

アルバイトでも安定収入があればキャッシングは借りやすい

パートタイマーやアルバイトで安定収入があるのにプロミスの審査に落ちてしまう原因として、過去に「金融事故」を起こしたことがあるというものもあります。


 

「金融事故」とは、借金返済やクレジットカード支払いの延滞や、借金の踏み倒しなど、全ての金融関係のトラブルのことを指します。小さなものから大きなものまで、そういったトラブルは全て記録されているので、1度でもそういった事故があった場合には、審査に通過する可能性はガクッと下がってしまうでしょう。


日頃から、ついうっかりも含めて借金の返済や支払いの遅れがないように気を付けておきたいものですね。


収入面でカードローンの審査が不安なら派遣登録

借入額が20万円程度の場合は収入証明の提出が不要の場合が多いです。在籍確認が困る場合などは派遣会社に登録だけしておきましょう。実際に仕事をしていなくても、登録元の会社に在籍確認が入り、普段の職場には連絡が入らずにお金を借りることができます。また、女性の場合はプロミスの主婦にも優しいレディースキャッシングがあるので、こちらの利用も良いかもしれません。女性オペレーターが親身に相談に乗ってくれるので、安心して借り入れを行うことができます。