学生ローン同様に大学生こそ審査は慎重に!在籍確認にも注意

学生さんは学業が優先。とはいえ、勉強ばかりをしているわけにもいきませんよね。学生の方が社会人より収入が少ない分、困窮した生活を送っているという人も意外と多いのではないでしょうか。また、就職活動などで出費がかさみ、ジリ貧の生活を送っているという苦学生も多いことと思います。大学生や専門学校生であっても、プロミスは融資を行ってくれます。しかし、やはり社会人に比べて、その門戸は狭いというのが現実です。では、学生さんがプロミスでお金を借りる際には、一体どのようなことに気をつければよいのでしょうか。

プロミスでは、大学生や専門学校生であっても、アルバイトなどで毎月安定的な収入がある方には、柔軟に融資を行っています。しかしながら、学生がプロミスに申し込みをする際には、まさに「石橋をたたいて渡る」ほどの慎重さが必要です。

その理由としては、審査に落ちてしまうと信用情報に傷がついてしまうということが挙げられます。信用情報とは、プロミスなど消費者金融会社やクレジットカード会社が共有している顧客の情報であり、これまでの借り入れ歴や延滞歴などが全て網羅されたものになっています。

学生のうちに消費者金融の審査に落ちたり、借金の返済を延滞したりしてしまうと、この信用情報に傷がついてしまい、特に金融関係への就職が難しくなってしまう可能性があります。ですので、審査に通らない可能性が少しでもある方は、むやみに融資の申し込みを行わない方が良いでしょう。

親バレには最大限の配慮をしてもらって限度額いっぱいまで借りる

親に対して借金の事実を告げてから申し込むならば話は別ですが、大抵の場合は親に内緒で消費者金融に申し込むという学生さんがほとんどだと思います。

もちろんそのような方は、いわゆる「親バレ」を恐れていると思います。ですが、プロミスはたとえ家族であっても、借金の事実を告げるようなことは基本的にはありません。プロミスは、お客様の個人情報を徹底的に守っているので、その点では安心して良いでしょう。

借りる際に注意することとしては、出来るだけ実家の固定電話の番号は記載しないということが挙げられます。プロミスから電話を入れる際には必ず会社名を伏せて電話をするのですが、万が一を防ぐためにも自分の携帯電話以外の番号は記載しない方が無難でしょう。ただし、返済を延滞するようなことがあった場合には、問答無用で親にも連絡が行きますので、返済日までには毎月しっかり返済することを心がけましょう。

プロミスで学生がキャッシングする為の条件は?

プロミスでは学生にも融資を行っていますが、誰でも借りられるという訳ではありません。安定した収入がある社会人の方と比べて比較的に難しいかもしれません。そこで、プロミスで学生がお金を借りるにあたって、有利、不利になる条件を見ていきましょう。

まずは一番大事な条件となるのが、「20歳以上である事」と「一定の収入がある事」です。これは利用規約にも記載されている最も大事な条件です。一定の収入とは学生であればアルバイトをしている程度でもOKです。派遣会社に登録しているだけであっても審査が通るというケースおあります。
しかし、借り入れ限度額が50万円以上、他社からの借り入れの合計が100万円以上になると審査の際に収入証明の提出が必要になります。この場合ですとアルバイトの収入の額によっては審査に通らないといった事があります。注意しましょう。

プロミスで学生が借り入れを行う際に有利な条件としては「アルバイトの勤続年数が長い」ことや「収入が多い」といった事が挙げられます。やはり継続した収入が確保されているという情報が信用に値するのでしょう。収入は年収で100万円以上あれば比較的に有利になります。
また、不利な条件としては「他社からの借り入れがある」場合や「過去にクレジットカードアなどの支払い延滞やトラブル」があった場合です。信用情報が重視される審査ではこういった情報はかなり不利になってしまいます。

借り入れを行う際は一度自分の状況を確認する為にもネットから匿名で行える借り入れ診断を行う事をお勧めします。